ほうれい線を目立たなくするには、表情筋を鍛えることが必要

ほうれい線を目立たなくするには、表情筋を鍛えることが必要

ほうれい線を目立たなくするには、表情筋を鍛えることが必要

ほうれい線が目立つようになる原因は、表情筋が衰えてくるからだと言われています。

 

笑うなどの顔を動かす時に使う筋肉で、これが衰えると、ほうれい線だけでなく、目の下のクマやシワが目立つようになり、老け顔に見えてしまいます。そんな老け顔にならないようにするためにも、ほうれい線を薄く目立たないようにしたいところです。

 

ほうれい線を目立たなくするには、表情筋を鍛えることが必要です。表情筋を鍛えるなら、常に笑っていればいいと思うかもしれませんが、表情が豊かな人ほどシワが多いという研究結果もあります。笑いジワと言う言葉もあるように、笑い過ぎなのもシワやほうれい線の原因となるのです。効果的に表情筋を鍛え、ほうれい線を改善するには、ベロ回し体操がオススメです。

 

ベロ回し体操のやり方はとても簡単です。口を閉じた状態で舌先を歯と歯茎の間に入れます。そのまま舌先をぐるぐる回すだけです。右回りを20回、左回りを20回が1セットとなります。これを毎日3セット繰り返すことで、効果的にほうれい線が目立ちにくくなってきます。やっている最中に舌がこすれて痛いと言う人は、早く回し過ぎなので、ゆっくり回すようにしましょう。最初のうちは、20回やるのが結構キツイです。

 

それだけ普段筋肉を使っていなかったという証拠です。毎日繰り返している内に、20回を平気でこなせるようになります。ただ、慣れるまでは、10回に回数を減らしてみたり、できる範囲で行うようにしましょう。無理をし過ぎると続かない原因になるからです。1日の回数をこなすことも大切ですが、毎日続けることの方が大切です。早ければ、数日で効果が現れる人もいます。

 

このベロ回し体操ですが、ほうれい線を目立たなくする効果だけではありません。顎のたるみや二重あごを改善できたり、唾液の分泌力が増えることで口臭予防にも繋がるのです。中には、筋肉を動かすことで結構が促進され、シミやシワが消えたなんて人もいるぐらいです。ほうれい線対策と同時に、シミ、シワ、たるみの改善といった幅広い効果が期待できるのも良い所です。